スタッフ紹介

幅広い業務に対応する営業 浅井雅一

「できない」は言わない。印刷コンサルタントとしてサポートします。浅井雅一

「何でもできる」のが深志です

現在の印刷業界は、少しずつ淘汰され縮小してきています。そんななかでお客様に選んでいただくために必要なのは、他社との差別化。でも、印刷会社はキレイに印刷するのが当たり前ですし、差別化は難しいのが現実です。

そんななかで深志が掲げているのが、「何でもできる」「できない印刷物はない」という強みです。ただの印刷会社ではなく、「印刷のドクター」「印刷のコンサルタント」として、お客様のご要望を形にしていきたいと考えています。

「印刷会社」というイメージから、チラシやパンフレットのような紙媒体だけしか対応できないと思われがちですが、私たちは紙媒体にこだわらず「ものをつくる」ことにこだわっています。グラフィックの企画をはじめ、幅広く対応できますので、ぜひご相談いただきたいですね。

直接相談できる専門家でありたい

業界的に、現在はネットから印刷の依頼をするケースが増えてきています。そのため、印刷会社とお客様のつながりも、従来よりも減ってきているんです。深志が他社と差別化できるのは、私たち営業がお客様と直接お話をしてソリューションを出していけることではないかと思います。

深志なら良いものをつくってくれる――。そう思わせられる存在でありたい。

なにか作りたいものができたとき、「まず深志に相談してみよう」と思っていただける存在になりたいと考えています。どの印刷会社でも対応できるものをつくっても、感動は生まれづらいですよね。やはり、人と人とのつながりのなかで、「深志なら良いものをつくってくれそうだ」というイメージを与えたいと考えています。

お客様との二人三脚で、新たなものを生み出します

以前、飲食店をオープンするお客様から、「特徴的な変わった立て看板をつくりたい」というご相談をいただきました。そこで試行錯誤した結果、ランチとディナーで雰囲気を変えることができる回転式の看板をつくったんです。その看板を見たときの、驚きと喜びが入り交じったお客様の表情が今でも忘れられません。

また、船輸送の会社様から、提携しているタイの企業にお土産をつくりたいというご依頼をいただいて、タイと日本の国旗をつけたダルマのマスコットを制作したこともありました。どれも完全にゼロベースで考えて形にしたものです。私たちだけでなくお客様にもアイデアを出していただくので、できあがったときの喜びや一体感は最高ですね。

やりたいことがある方は、今すぐにでもご連絡ください。

何かつくりたいものが思い浮かんだ、その瞬間に深志にご連絡ください。お客様の考える100%にプラスアルファして、120%のものをつくります。

ページの先頭へ