スタッフ紹介

イベント系印刷のプロフェッショナル 浅井大輔

納期は死守する。どんな場面でも、そこだけはブレません。 浅井大輔

他社では対応できないことに対応する工夫

私の業務は、イベント業界のお客様をメインとした資料関連の印刷対応です。 イベントの日程は最初から決まっていますから、納期を守ることは当たり前。ですが、イベントに関わる印刷となると、納期を守りながらもやらなければならないことがたくさんあります。ですから、最初から「できません」という業者が多いんです。ですが、深志ではそこを何とか調整して、対応しています。

当社には長年の経験やノウハウの蓄積がありますので、それらを最大限に活用してお客様のご要望を叶えられる案を出しています。そんな中で、現場とお客様をつなぐことが、私の役割だと思っています。

「感動を与えたい」という気持ちでは誰にも負けません。

日頃の業務は、私が一人だけでできるものではありません。制作スタッフがいて、印刷オペレーターや職人がいて、外部の協力会社さんがいて、そこではじめて私という存在があります。それぞれの専門家が力を合わせて業務に取り組んでいますので、私は自分にできることを全力でやり遂げることに集中しています。技術面や知識面では各専門家にはかないませんが、「お客様に感動を与えたい」という気持ちだけなら誰にも負けません!

「下請け」から「パートナー」になるために

現在、お客様にとっての深志の存在は「下請け」なのではないかと思います。それを「パートナー」という認識に変えていくことが、現在の私の目標です。パートナーとして認識していただくためには、ただ受けた仕事をこなすだけではなく、プラスアルファの提案が必要だと考えています。当社には「印刷会社」という"縛り"がありますが、そこから脱することができるようハード面も見直すことが、当社だけでなくお客様のためにもなるのではないでしょうか。

社員の満足をお客様の満足に変えていく

お客様の満足度を高めるためには、まずスタッフが満足して働ける場所をつくる必要があります。ですから、深志の社員が今以上に充実できる会社にしていくことも、私の目標のひとつです。お客様に感動を与えるためには、社員のモチベーションを上げることも大切です。まずは私たちが営業としてできることを精一杯やって、社員に還元していきたいですね。それがお客様の満足につながっていくと考えています。

感動を与えられる仕事をします

お客様から「深志に頼んで良かった」という言葉をいただいたことが何度かあるのですが、こういう言葉をくださる方は、その先も継続してお付き合いしてくださることが多いです。このご時世ですから、お客様は当社に頼むメリットがなければ、すぐに離れていってしまいます。ですから、まずはお客様のために努力を続けるということ、お客様に感動を与えるということを大切に、業務に取り組んでいきたいと思っています。

ページの先頭へ